2005年10月07日

カテゴリマップ

ゲーム、アニメ、マンガ
このサイトのメイン。
学園風に例えるなら「教科別」といったところ。
詳しい説明は不要でしょう。


休み時間
戯言や3年D組(三次元)に関する記事を掲載。いわゆる蛇足。
二次元の話題についての愚痴なんかも。いわゆるごった煮。
ゆくゆくはオススメのカテゴリにしたい。いわy(ry


HR(ホームルーム)
単なる雑記。タイトルはかなり適当です。


校内放送
お知らせ。公式(?)のアナウンスはここで。



トップに戻る
posted by きうた at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

(最低限)文化的なRPG

グランディア3あたりまでかと。
頭脳戦艦ガルまでいくと、ちょっとレベル高すぎです。

となると、アレとかアレとかは単なる(ry
posted by きうた at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化的なケータイは「氣志團」を一発変換できるんだって

マイ携帯では「岸団」でした。めるめる。


以下雑談。
テンプレ変えました。どーも前の奴だと目がチカチカするんで。
わかってはいましたが、テンプレの種類が少ないのがここの弱点ですね。

貧弱!貧弱ゥ!

その分自由度は高いので、少しずつカスタマイズしていこうかと。

ついでに昨日の記事も再編集しました。
文章はほとんどいじってませんが。
posted by きうた at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | HR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

アニメ最終回での悲劇

10月からの新アニメ放送に伴い、ここしばらくは最終回ラッシュが続きました。
アニメに限らず、物語におけるラストの役割は重大です。
それまでがいくら評判だったとしても、最終話がコケては意味がありません。
これまでの全てが無駄になるかもしれないので、製作側も必死なはずです。
もしかしたら、大逆転を狙ってクラスの女生徒全員とキスする超展開を仕掛けてくるところもあるかもしれません。

というわけで作る側も見る側もより気合が入る最終回ですが、時々この気合が逆に作用してしまったのか、もったいない終わり方をする作品があります。
その背景には、ドラマとは違うアニメ特有の事情があるような気がします。


ドラマやアニメは映画と違って数ヶ月という長いスパンで放送されるので、視聴者を放さないためにも最終回に話全体のクライマックスを持ってくることが多いです。
その後に大団円and後日談となるわけですが、この後日談というのが曲者です。
なぜなら、これまでの放送時間が映画と比べて何倍も長いために、「その後」も長くなってしまうからです。

それでもドラマは1時間の枠があるのでなんとかなりますが、30分しかないアニメは大変です。
2クールの場合、総放送時間は連ドラと同じで、最終話の枠は半分しか無ことになります。

その結果、後日談を放棄すると「投げっぱなしのエンディング」といわれ、一通り入れようとすると「詰め込み過ぎ」と揶揄されてしまうという具合に。
(一話完結の作品は別です。ギャラリーフェイクなんかはいい終わり方だったと思います)


それじゃあどうすればいいかというと…そこまで考えてなかった。

1、DVDに40分間のエピソードを追加してしこたま稼ぐ
2、ラスト2回を暗闇の中、椅子に座り続けることでやり過ごす

なんてのはどうでしょうか。
posted by きうた at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

テストを兼ねてご挨拶

初ブログです。本格的な記事は明日からということで。
まずは10週以上続けることを目標に頑張りたいと思います。
戦いはまだ始まったばかりです。

ふつつかものですが、よろしくお願いします。
posted by きうた at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | HR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。