2005年10月21日

「ネギま!」12巻を読んで

前巻に引き続き派手な戦闘が多い巻でしたが、相変わらず丁寧に書かれてるなぁと。
バトル編が人気なのもうなずけます。
ただ、アスナまであんなに強くなるとますます強さのインフレが進む気が…

アスナとネギの共通点が見えた気がします。
ネギは雪の夜のつらい思い出から逃げるために色々と頑張ってきましたが、
アスナがあんなに活発な女の子になったのも、記憶を消されたとはいえ、
つらい過去から目をそむけるための無意識の行動の結果だったのではないでしょうか。

超の目的も明らかにされましたが、本当の狙いは他にありそうな感じです。
魔法使いの存在をバラすためだけなら、妨害される可能性の高い、派手なことをしなくても
いいような気がします。
ネギが来た後だけでも、吸血鬼騒動、修学旅行、ヘルマンの件とあったわけですし、
その前の2年間でも証拠映像などを入手するチャンスがあったはずです。

ネットで魔法の存在を煽り、その阻止に魔法先生、生徒が乗り出すのを見越して
何かしでかそうとしている、なんて推測はどうでしょう。
魔法をバラすことも目的の1つなのかもしれませんが、少なくともそれが主な目的では
ないんじゃないかと。
情報操作をしてるのは超(の作ったプログラム?)なので、火をつけるのも、鎮火させるのも
お茶の子さいさいでしょうし。
いまのところヒントになりそうなのは、世界中の発光が彼女の行動に深く関係していること
ぐらいでしょうか。

ま、こんな的はずれな意見もあるということで。


以上、色々書きましたが、一番印象に残ったのは
接近して微笑むだけで女子高生を陥としたネギのメガプレイボーイっぷりです。

末恐ろしい子…
posted by きうた at 21:12| Comment(50) | TrackBack(9) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。