2005年10月14日

「キャプテン翼」若島津の野望

ヤングジャンプで「キャプテン翼」がまたまたスタートしました。
スポーツ漫画の一時代を築き、そのDNAは今でも
某テニス漫画などに受け継がれています。
翼くんがスペインに行った辺りから見るのを止めていたので、
子供がいると聞いてびっくりしました。

子供の代まで続けるつもりですか?高橋先生。


さて、今回はオリンピック編とのこと。ドイツはどうなるの?
まずは、翼くんや若林くんなどの海外組を除いたメンバーが集結しました。

これで俄然張り切りだしたのがGKの若島津くん。
彼はずっと不動の正GK、若林くんの2番手に甘んじていました。
若林くんが健康なときはお呼びがかからなかった、そんな存在です。
かえって守りにくいのでは、と思わせる必殺技「三角飛び」も、
若林くんの普通のキャッチの方が強いという事実ウワサがあるくらい
彼と若林くんとの間には歴然とした差がありました。

しかし今、若林くんはいません。
彼にとっては千載一遇のチャンスです。
少しでも監督への印象をよくして、少しでも若林くんとの差を縮めておきたいところ。
幸いにも監督はかつての師です。
森崎くんや中西くんは、最初から眼中にありません。

そんな若島津くんの並々ならぬ決意を心して聞いて下さい。


また若林との激しい正GK争いが始まるんだ!!」



そんな争いありましたっけ?
posted by きうた at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。